久米島ツバメウオ今年2回目の久米島ツアーです。今回も2泊3日で5ダイブの弾丸ツアーの予定でしたが、エアーの都合と久米島周辺が悪天候のため初日のダイビングはキャンセルになってしまいました。そのかわりといっては何ですが、初日に那覇観光ということで首里城の見学に行ってきました。私自身初めての首里城でしたが、年齢を重ねて初めてその良さがわかるような気がしました。
二日目も風の強い一日でしたが、大型で乗り心地の良いボートで3本ダイビングを楽しみました。1本目はおなじみのアオウミガメのポイント。常に何匹ものウミガメに会えます。また、中層にはツバメウオの大群が舞っています。残圧ギリギリまで両方を楽しみました。2本目はシャドーケープへ。ここは地形ポイントです。サンゴのガレ場のあちこちにトンネルができていて地形派にはたまらないポイントです。3本目はパイナップルバレーに入りました。そして、ガイドをして下さったのはガイド会会長でサービスのオーナーでもある川本さんです。ここも地形ポイントなのですが、あえて穴には入らず、マクロ系レアものをいくつか紹介していただき参加者全員じっくりと撮影できました。今回も充実したダイビングを楽しめました。
二日目の夜はおいしい沖縄料理と地魚料理で打ち上げ。大きなマーズ煮には全員感動ものでした。
最終日は那覇へ戻り、国際通りをぶらりぶらり。この日は沖縄県パレードコンテストが行われていました。小さな子供から高校のマーチングバンドまで20組くらいが元気一杯に演奏してくれました。沖縄のパワーをしっかりともらい名古屋へ帰ってきました。もちろんお土産は泡盛です。
次回の沖縄は恒例になりましたお正月小浜島ツアーを予定しています。良い天気になることを願っています。また、1月20日からはモルディブツアーも予定しています。楽しみです。
首里城オビテンスモドキセジロクマノミ久米島ツアー2017.11