久しぶりに久米島に行ってきました。

久米島ツアー

今回も2泊3日で5ダイブの弾丸ツアーでしたが、3日間とも晴天で過ごしやすかったです。セントレアからのフライトはトラブルもなく順調で久米島には午前中に到着できました。
初日は午後から2ダイブ、風が強く少し波が高かったんですが、ウミガメがたくさんいるポイントとトンバラに入りました。ウミガメポイントでは何頭も観察でき、ゲストの方たちも撮影に夢中になっていましたが、途中で他のグループのガイドが緊急の合図を発信しました。何かなと思ったら沖からマンタが近づいてきます。今回もマンタに会えるとは本当についています。2本目はトンバラへ、流れが強かったので流れの陰をまったりダイビング。大物狙いではなくなったのですが、トンバラの魅力を再発見できました。

二日目は3ダイブ、1本目は鳥島沖に入りました。このポイントは平均水深代わりと深いのですが、ドロップオフの付近にはノコギリダイやハナゴイ、カスミチョウチョウウオの大きな群れを楽しめます。またドロップオフの壁にはハナゴンベの群れが乱舞しています。なかなか見られないハナゴンベもここではじっくり観察することができました。2本目はトンバラへ。流れも強すぎずいつもの観察ポイントへいけました。クマザサハナムロやウメイロモドキの大群に混じってイソマグロやロウニンアジホワイトチップシャークなど豪快な海を堪能できました。3本目は地形派におすすめのパイナップルバレーに入りました。流れもなく穏やかなポイントですが、珊瑚でできた迷路のような隙間にはトンネルがいくつもあり、光の具合で幻想的な風景が見られました。水底の砂地にはオビテンスモドキやハゼなどもいて最終ダイブにふさわしい楽しいダイビングができました。夜は沖縄の地魚や沖縄料理と泡盛を全員でたっぷりと味わったあと海岸に出て、星景写真の撮影も楽しみました。最終日は出発時間までお土産を買ったりしてゆったりと過ごし、無事に帰ってきました。年内のビッグツアーはこれでおしまいですが、来年も満足していただけるツアーを企画したいと思います。楽しみにしていてください。