ハナゴンベ一泊二日の日程で串本に行ってきました。お天気にも恵まれ快適な二日間を過ごすことができました。初日は住崎南、グラスワールドに入りました。住崎南ではフリソデエビやパンダダルマハゼなど珍しい生物を観察できました。グラスワールドではハナヒゲウツボYgやハタタテハゼ、ハナゴンベ、定番のカゴカキダイやハナゴイ、アカヒメジの群れなどたくさんの魚たちに出会え、ゲストの方たちも撮影に夢中になっていました。夕食後全員で海岸に出て星空撮影会をしました。沖合に風待ちの貨物船が停泊していましたのでその明かりも入れ、さわやかな秋の夜空を楽しみました。さすがオリンパス、一眼コンデジどちらもきれいに撮影できました。

二日目はグラスワールドと備前に入りました。グラスワールドは朝一ということもあってか、透明度も良くたくさんの魚たちに出会えました。昨日とは違うルートで北の離れ根に行きましたが、スカシテンジクダイやタカベYgの群れ、ガラスハゼなど賑やかな海中でした。二本目は備前へ。昨日からあちこちでキビナゴを狙うカンパチやツムブリ、ツバスなどの目撃情報がたくさんありましたのでキビナゴと回遊魚を狙ってみました。そして、運良く狙い通りキビナゴの大群に出会えました。キビナゴがの群れが色々な形に変化するのを楽しんでいると間もなくツバスやカンパチの群れがやってきました。ゲストの方たちも目の前を行く魚群に興奮気味でシャッターを切っていました。

水温も高く透明度も上がり、季節来遊魚なども多く充実した二日間になりました。コンディションの良いこの時期皆さんもご一緒に楽しみませんか。来週も串本を予定しています。楽しみにしていて下さい。

今回の写真はすべてゲスト様が撮影したものをお借りしました。

ハナヒゲウツボハタタテハゼ串本の夜景