尾鷲行野浦ファンダイビング

今週も尾鷲に行ってきました。尾鷲では桜もすっかり散って葉桜になっていましたが、午前中少し雨が降り肌寒い日でしたが、水中はシーズンイン間近といった感じの気持ちの良いダイビングができました。また、少しうねりが入ってきているということで一本目は魚礁に、二本目は内湾の一つ石に入りました。魚礁ではこの時期マトウダイがたくさんいるのですが、我々の姿を見ても逃げることなく目の前をのんびりと泳いでいます。そのほかにもネンブツダイやクロホシイシモチなどがびっしりと魚礁を埋め尽くしています。アジの群れ、大きなミノカサゴやコショウダイ、サクラダイなどもいて見応えのあるひとときを過ごしました。二本目の一つ石ではソフトコーラルに注目です。ウミトサカは1m以上あるものがあちこちにあり、ウミウチワ、イソバナ、ウミカラマツなどもとても大きく育ったものがあちこちに見られます。オレンジ色が鮮やかなイボヤギ、カラフルなウミシダなど色彩豊かな海中風景を楽しむことができました。本当にきれいでしたよ。水温も少しずつ上がってきていて、シーズンイン間近といったところでしょうか。冬の間お休みしていたダイバーのみなさん海は元気いっぱいですよ!