土肥 飛島沖Part2

利島ドルフィンスイム&ダイビングツアーの予定でしたが、台風の余波でうねりが引かず、急遽西伊豆ツアーに変更しました。行き先はうねりの影響のない安良里と土肥です。初日は安良里に潜りました。こちらボートポイントは魚影の濃さもすばらしいのですが、地形も十分におもしろいです。一本目は沖の根に。回遊魚もたくさん真輪手来るポイントです。沖側ではイサキの群れ、陸地側にはリーフフィッシュが所狭しと泳いでいます。また、マクロ系も多くまったく飽きることがありません。二本目は御黄金へ入りました。ここは黄金崎ビーチの沖側にあたり、とても大きな根のまわりを回ります。こちらも魚影の濃さでは負けていません。安良里のダイビングを終えた後は黄金崎クリスタルパークを見学し、土肥の宿へ移動しました。土肥の宿は前回もお世話になったところですが、とにかくその食事のおいしさは半端じゃないです。特にお刺身はとってもおいしい地物のとれたてを出していただきました。

お刺身最高!

二日目は土肥で潜りました。一本目はダイナミックさでは土肥No.1の飛島沖Part2です。ここはは秋限定で解放されている上級者限定ポイントです。少しのうねりでも入れず、おまけに根頭が-20m、流れ出すとガンガンに流れる難しいところですが、今回はうねりも流れもなくとてもおだやかでした。それでもダイナミックな地形とハナダイやイサキ、タカベの群れ、びっしりと群生するソフトコーラルなど見所満点の一本でした。二本目はおだやかで水深も浅い丘魚礁というポイントに入りました。魚礁にはイシダイやコロダイ、メバルなどたくさんの魚たちが住み着いています。のんびりまったりとダイビングを楽しみ名古屋へ帰ってきました。この秋は週末ごとに台風の影響があり、なかなかよいコンディションで潜ることができませんでしたが、今回の西伊豆はダイビング、温泉、食事、三拍子そろった充実ツアーになりました。