kinen_0305>3月5日 尾鷲・行野浦、お天気も海況も言うことなしの一日。マンツーマンのファンダイビングツアーに行ってきました。平日はいいですね。少し早めに出発したので道中渋滞もなく、海も貸し切り状態。ボートの出航時間もこちらの都合に合わせてもらえます。ゲストの方は今回が初ドライでしたので、簡単な講習の後一本目に。少し水深がある魚礁へ行きました。先週の週末は青く澄み切っていたとのことでしたが、今日は少しプランクトンが多めで透明度は7mくらい。それでも魚たちはとっても元気で全然逃げる気配も見せません。辺り一面のネンブツダイ、春先にはおなじみのマトウダイ、カラフルなソフトコーラルなどをのんびりゆったりと楽しみました。二本目は岸寄りの対岸元行野というポイントへ入りました。ウミウシとカエルアンコウ狙いです。ウミウシは何種類かみつけましたが、カエルアンコウは見つかりませんでした。ゲストの方は初ドライでしたが、二本目にはすっかり慣れて浮力調整もうまくいき、楽しいダイビングとなりました。水温は今が一番冷たくなっているときですが、海の中はキリッと引き締まった感じで心身ともにリフレッシュできます。天気予報ではこれからどんどん気温が上昇するとのこと。本格的なダイビングシーズンまであとちょっとでしょうか。水温が低い今はウミウシ天国です。きれいでかわいらしいウミウシを探しに行きませんか。