名古屋市天白区植田のダイビングハウスがじゅまる・丁寧な講習が好評です!スクール・ツアー毎日開催 お一人でも安心して楽しめます。

ダイビングQ&A よくある質問

初めてのダイビング 知っておきたい ダイビング Q&A

ダイビングを始めようと思うんだけどちょっと不安、そんな方のためのQ&Aです

ライセンスって何ですか?

ライセンスとは免許のことを言いますが、ダイビングの場合は正確には認定証(Certification Card)、略してCカードのことを言います。認定証(Cカード、ダイビングライセンス)を取得するということはダイビングに必要な基本的な知識と技術を習得した事を証明するものです。

Back To Top

ライセンスは必要ですか。

はい、必要です。もし、Cカードを持っていなければ、国内外のダイビングサービス(あるいはショップ)は、あなたがダイバーとしての基礎を身につけていることを確認できません。つまり、旅行先で潜りたいと言っても”あなたが本当に潜れるのか ” を証明するものがありません。ライセンスは” 私は、安全に潜るための知識と技術を持っています ” という証明なのです。ある知人はモルジブに行ったときにライセンスを忘れたために毎日同じところで体験ダイビングばかりしていたという話もあるくらいです。

Back To Top

がじゅまるで取得したライセンスは海外でも通用するのですか?

がじゅまるが加盟している指導団体BSACは60年前にイギリスで誕生し、国際的に認知された団体です。ですから発行するライセンスはすべての国で通用します。

Back To Top

器材は全部そろえなければいけませんか?

必ずしもすべての器材をそろえる必要はありません。がじゅまるではレンタル器材でダイビングを楽しんでいらっしゃるメンバーの方もいます。
しかし、ダイビングは器材を使いこなすことでストレスの少ない安全なダイビングをすることができます。自分に合った器材を使用する事はダイビング上達につながりますので、できればマスク・スノーケルは最初からご自分のものを使用することをお勧めします。
もし、購入される場合は、最初に 軽器材(7点セット)と呼ばれているマスク、フィン、スノーケル、ウェットスーツ、ブーツ、グローブ、メッシュバッグとダイビングコンピュータを購入されるのがよいでしょう。BCDやレギュレータなどの重器材も早めに揃えた方がベターです。

Back To Top

スクーバダイビングはお金がかかると聞きましたが?

ライセンス講習費は店によってまちまちです。店のコストを考えると50,000円〜70,000円(税別)くらいが標準的な料金です。とても安い料金のお店もありますが、器材購入とセットだったりすることもあります。そのお店でよく聞いてみてから決められた方がよいでしょう。
がじゅまるの講習費用は69,000円(税込)です。
この費用に含まれるものは
教材代・学科講習費・プール講習費・海洋実習費・海洋実費(タンク・ウェイトレンタル代、現地施設利用費、漁協協力費)・レンタル器材代・申請料
含まれないものは
海洋実習時の昼食代、宿泊した場合の宿泊費です。
ファンダイビングの場合、他のスポーツやレジャーと比べて少し割高かも知れません。日帰りのダイビングの場合1日20,000円〜30,000円くらいはかかりますが、お金に換えられないほど大きな感動を得られます。
また、スクーバダイビングは器材がないとできません。器材はレンタルするか購入しますが初めはレンタルするのがよいでしょう。
そして、長くダイビングを楽しみたいと思ったら器材を購入することをお勧めします。メンテナンスをして、よほどハードな扱いをしない限り重器材は10年以上使えます。
軽器材と共にフルセットでそろえた場合、最高品質のもので25万円〜40万円程度です。年に1〜2回くらいしかしない、沖縄や海外でしかダイビングをしないという方にはレンタルでも構わないと思います。
がじゅまるにはレンタル器材も完備しています。
ちなみにフルセットとは
軽器材=ウェット スーツ、水中マスク、スノーケル、フィン、ブーツ、グローブと
重器材=残圧計、レギュレータ、オクトパス、BC等を合わせたものです。

Back To Top

講習はどんなことをするのですか?

講習のおおよその流れは次の通りです。

学科講習

・ダイビングに必要な基本的知識やルールを学びます。

プール講習

・器材のセッティングや基本的な使い方を学び、安全なプールで基本的技術をしっかり身に付けます。

海洋講習

・ プール講習で身につけたことや学科講習で学んだことを実際に海で再度確認します。

詳しくは講習の概要を参考にして下さい。
がじゅまるでは少人数制でお客様一人一人に合わせて丁寧な講習を心がけています。

Back To Top

泳ぎが苦手なんですが大丈夫ですか?

もちろん泳げるにこしたことはありませんが、スキューバダイビングは器材がなければできません。器材を使いこなせるようになると自然に泳ぎも上達してきます。また、スキューバダイビングでは主にフィンを使って進みますから、競泳に必要な体力や泳ぎ方はダイビングでは必要ありません。泳ぎが苦手なことから不安な気持ちになってしまいそうですが、丁寧な講習を受けることによって、その不安を取り除くことができます。

Back To Top

眼鏡・コンタクトレンズを使用していますが大丈夫ですか?

大丈夫です。マスクのレンズを度入りのものに変更すれば水中でも陸上と変わらない視力を確保できます。
コンタクトレンズを常用している場合、マスク内に水が入ったときにコンタクトレンズが流れてしまい、見えづらくなるため、普段はコンタクトレンズを使用している方にも度入りのレンズを入れていただいています。

Back To Top

ダイビングに関することなら何でもお気軽にお問い合わせください。 TEL 052-846-5941 受付時間 11:00〜20:00(火曜日を除く)

PAGETOP
Copyright © ダイビングハウス がじゅまる All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.